よくある質問

就労期間は何年間ですか?

「特定技能1号」の在留期間は最長5年です。

どのような業種で採用できますか?

「特定技能1号」の受け入れは業種は、以下の14分野に限定されています。

特定技能14分野

介護、ビルクリーニング、製造業(素形材産業、産業機械製造業、電気電子情報関連産業)、建設、造船・舶用工業、自動車整備業、航空業、宿泊業、農業、漁業、飲食料品製造業、外食業

業務の内容は決まっていますか?

分野ごとに、主として従事すべき業務が定められています。それ以外の業務であっても、通常の関連業務として付随的に従事することはさしつかえないとされています。

試験の合格は必須ですか?

「特定技能1号」で就労するためには、日本語能力試験および技能評価試験(分野別)に合格する必要があります。
技能実習2号を良好に修了している場合は、試験が免除されますので受験の必要はありません。

賃金はどれくらいですか?

同じ業務を行う日本人と同等以上の賃金水準となります。

企業ごとの採用可能人数の上限はありますか?

企業単位での採用人数の上限はありません。
ただし、介護分野については、事業単位で、常勤介護職員の総数を上限することと定められています。また、建設分野については、特定技能と特定活動の在留資格の外国人との数の合計が、常勤の職員の総数を超えないことと定められています。

転職の可能性がありますか?

「技能実習」と異なり、「特定技能」では同じ業種内での転職が可能です。

お気軽にご質問・ご相談ください。

お電話でのお問い合わせはこちら

03-6661-0623